日本維新の会

SNSでシェア

お金(財源)はどうするの?

税で皆さまを支える仕組み(ベーシックインカム)をつくるためには、もちろん、お金が必要です。 でも、借金をずっと重ねる必要も、増税をする必要もありません。
しがらみだらけの政府与党・自民党にはできない「4つの改革」で、持続可能な財源をしっかりと確保することができます。

複雑な制度の中で、現金で支給されている部分はベーシックインカムに統合し、シンプルなものにしていきます。これは行政コストの削減にもつながります。
こうした整理統合を進めても、医療・介護・福祉など社会的困窮者に必要な多くの制度は残りますので、安心してください。

複雑な仕組みを一部統合・改善。医療・介護・福祉など多くの制度はしっかり維持

今の日本社会には、残念ながら払うべき税金や社会保険料を払っていない方々が数多くおられます。 マイナンバー制度の徹底活用と、税と社会保険料を一本化して効率よく管理する「歳入庁」を設置することで漏れることなく徴収し、大切な財源をしっかり確保します。

マイナンバー制度の徹底活用。歳入庁の設置

今の非効率な行政は、デジタル化などでまだまだスリムにできます。
また、昭和の時代からしがらみで続いてきた紐付き補助金や、一部の業界団体だけが得をする、旧来型の公共事業は見直しを行います。
そしてお金持ちほど「節税」ができる不公平な税制を改善しつつも、消費税・所得税・法人税などは減税して、経済を活性化させることで税収をアップします。
こうした改革を強い覚悟で前に進めるために、「身を切る改革」として政治家・議員の報酬や定数は大幅にカットします。

徹底的な行財政改革。身を切る改革。紐付き補償金、公共事業の見直し。デジタル化による行政のスリム化。不公平税制の是正(全体では減税)

国によって厳しく「事前規制」され、新規参入やイノベーションが阻まれてきた産業のあり方を見直し、「まずやってみる」を後押しする仕組みを導入します。
なんでも国がやる体制を見直し、地方や民間でできることはそれぞれに任せ、地域や産業を活性化させます。
またベーシックインカムがあれば、労働者の方々が転職・独立起業という挑戦もしやすくなります。個人や企業が次々に新しい成長産業に挑戦していけるのです。
これらの取り組みで経済成長を実現し、皆さまを支えるための確かな税財源を生み出します。

既得権益を打ち破る成長戦略。規制改革。地方分権。労働市場改革